tcm blog

面白いをシェアするブログ

作曲日記1

August 2, 2014
By
約 4 分
スポンサーリンク
作曲ノート

作曲ノート

どうもtcmです。

しばらくライブをする予定がないので、作曲日記でも書きたいと思います。

作曲家が10人いれば10とおりの人生哲学があるのと同様に、作曲家が10人いれば10とおりの作曲方法があります。

作曲日記

私は作曲家というほどの腕前ではありませんし、ましてや人に作曲を教えられるわけではありませんが、ひとりの作曲家もどきの作曲方法のサンプルとして作曲の工程をご覧いただき、楽しんでいただけたら幸いです。

ちなみに歌ものにおける作曲とは、狭義ではメロディーを作ることでして、コンセプトを考えたり、その他の楽器のフレーズを考えたり、録音したりは含まれません。

しかしここではアバウトに、楽曲の構想を練るところから発表までを作曲としてご説明します。

まず私が作曲をする場合は、ノートとペンを用意して、曲のコンセプトを書いていきます。

この段階ではメロディやリズムなど、作曲らしいことは考えません。以下のようなことを、ノートに書いていきます。

■何のためにこの曲を書くのか

5w1hで明確にしていく

■コスト

どのくらいの時間をかけるのか?

生楽器はどのくらい入れるのか?(録音にはマニーがかかります。。。。)

■発表方法

CD?音楽配信?動画サイト?無料配布?ライブで手売り?委託販売?

A面曲?B面曲?アルバムにしか収録されない曲?

■どんなリスナーにむけて書くのか

ターゲットとしているリスナーの性別は?

年齢は?

職業は?

今どんな気持ち?

■誰が歌うのか

ボーカルは男性?女性?

ボーカルの声域は?

ボーカルの得意なジャンルは?

ボーカルの声質は?

etc……

上記のようなことを、ノートに書けるだけ書き出して、曲のコンセプトをはっきりさせていきます。

何故先にこういった作業を行うかというと、作曲とは(正しくは作編曲とは)曲が出来上がるまで様々な選択や判断を繰り返すことでして、具体的な作業を行う前に、目的や曲のコンセプトをはっきりさせることで、選択や判断の際に迷わないようにするためです。

例えば

どんなメロディにするか

メロディは明るいのか暗いのか

どんなリズムにするのか

どんなテンポにするのか

どんな楽器で伴奏するのか

曲の構成(AメロBメロとか)はどうするのか

今日の昼飯はどうするのか

などパッと思いつくだけでも、これだけ選択したり判断したりしなければいけないことがあります。

あ、昼飯は関係ないか(笑)

とにかくこれらを選択したり判断したりするのにいちいち迷っていたら、大変な時間がかかります。

また何らかのコンセプトを決めてから選択や判断をしないと、出来上がった曲が何のために作ったのかわからないようなブレブレな曲になったりします。

『友人のポップスバンドに提供する曲を書くぞ!まずは適当に作り始めてみよう』

⬇︎

『やべ、適当にやってたらいい感じの曲になってきた!ノリで仕上げるぜ。チョリース!』

⬇︎

翌日

⬇︎

『あれ、なんだこのデスメタル風テクノポップって…。誰得だよ。どうしてこうなった…。』

ってなります(笑)いやマジで。

そこで上記のように自身の考えをノートに書くことによって、コンセプトを言語化してはっきりさせるんです。

次回は実際にコンセプト決めをしていきます。お楽しみに。

最後に私がコンセプト決めの際に毎回思い出す名言を引用します。

『男には地図が必要だ 荒野を渡り切る 心の中の「地図」がな』−グレゴリオ・ツェペリ

ジョジョの奇妙な冒険第7部 スティールボールラン第4巻より

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

*