tcm blog

面白いをシェアするブログ

パリ19歳女性 自殺をPeriscope(ペリスコープ)で中継 どんなアプリなのか試してみた

May 12, 2016
約 5 分
スポンサーリンク

どうもtcmです。フランスのパリ近郊で起きた、19歳の女性の自殺が波紋を呼んでいます。

女性は自身が走っている列車に飛び込み自殺するのを動画中継アプリ「Periscope(ペリスコープ)」で配信しており、以前よりレイプの様子が配信されるなど問題が多かった同アプリに、一部で批判の声があります。

Periscopeはそういった問題のある配信ばかりなのでしょうか?実際に使って試してみました。

App Storeからダウンロード 認証はTwitterで

periscope

periscope

アプリはAppStoreから簡単にダウンロードできました。無料です。Periscopeのダウンロードはこちらから。

 

アプリを起動するとTwitterアカウントでログインするか聞いてきます。

Twitterアカウントでログインすると、プロフィールの画像などがTwitterからインポートされ、Twitterでフォローしているユーザーのリストなどが表示されました。

 

世界中の動画の配信の様子が見られる

Twitterでの認証が終わると、世界地図が表示され、配信されている動画の数が表示されます。

periscope

periscope

数字をクリックすると、その地域で配信されている動画のタイトルとサムネイルのリストが表示されます。

タイトルは主に「sports talk let’s go!」や「free style session」や「music life」など。

配信されている動画の内容は、ニコ生やツイキャスなど一般的な動画配信サービスとあまり変わらない印象を受けました。

気になったsushiという動画を見てみます。

periscope

periscope

女性がひたすら何か食べている動画でした。数人動画を視聴しており、男性のユーザーから「nice boob」などのヤジも飛んでました(笑)

他に気になった動画を視聴しコメントしたところ、ブロックされました。身内のみでプライベートな使い方をしているユーザーもいるようです。

動画を配信してみた

実際に動画を配信してみました。配信するためのカメラはインカメラ・アウトカメラ両方使えます。

periscope

periscope

しばらく配信しましたが、数人が出入りする程度。配信のタイトルで釣ってみたりしましたが、コメントはつきませんでした。

日本のユーザーはあまり居ない印象を受けました。

periscope

periscope

 

動画は24時間保存され、他のユーザーが閲覧できる

配信を終えると配信していた際の動画が保存され、他のユーザーが24時間閲覧できるようになります。また配信を開始する際に自動的にTwitterでツイートされました。

periscope

periscope

periscope

periscope

 

まとめ – 別にPeriscopeだから危険ってことはない

使ってみた感想としては、ニコ生やツイキャスなど他の動画配信サービスとあまり違いはありません。

特に犯罪の温床になったり、問題があるサービスだとは感じませんでした。

こういったサービスはユーザー次第でどうとでも使えるので、今回のような出来事があったからといってサービスを批判したりサービスじたいないほうがいいんじゃないかという議論は間違っていると私は思います。

しかし動画配信サービス全てに共通する課題として、危険な動画や自殺の予告などを即時に検知して、通報したり自殺しようとしている人を保護するなどの仕組み作りは、今後必要となってくるでしょう。

Periscopeのダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

*