tcm blog

面白いをシェアするブログ

レディオヘッド 超入門(1)世界を魅了する3つの魅力

May 9, 2016
約 6 分
スポンサーリンク

5月9日追記)レディオヘッドのニューアルバムA Moon Shaped Pool」が日本時間5月9日深夜3時ごろリリースされました。

本サイトでは日本最速で、A Moon Shaped Poolの全曲レビューを掲載しています。ぜひご覧ください。

レディオヘッド ニューアルバム「A Moon Shaped Pool」はアンビエント 全曲レビュー

購入はこちらから



どうもtcmです。レディオヘッド(Radiohead)の9枚目のアルバムが発売間近ですね!

15年来のファンである私は、興奮でやや躁状態の日々を送っています(笑)

このページではレディオヘッド超入門と題してまして、レディオヘッドをご存知ないかたや、これからレディオヘッドをより聴きたいかたへ、僭越ながらバンドの解説や魅力を紹介します。

このページをご覧いただき、レディオヘッドを好きになっていただければ幸いです^^

レディオヘッド(Radiohead)とは

Radiohead

Radiohead
出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/6c/Radiohead.jpg

ボーカルのトム・ヨーク、ギターのジョニー・グリーンウッド、ギターのエド・オブライエン、ベースのコリン・グリーンウッド、ドラムのフィル・セルウェイからなるイギリスの5人組バンド。1992年にメジャーデビュー。

3rdアルバムの『OK Computer』は正解中で850万枚以上を売り上げ、イギリスでトリプルプラチナ、アメリカでダブルプラチナに認定されるなど、世界的な人気を誇ります。

また楽曲のクオリティの高さやバンドの選曲的な社会貢献への姿勢から、数々のミュージシャンからリスペクトされており、コールドプレイ、ミューズなどの多くのフォロワーを生み出しました。

 

レディオヘッドはここがすごい!3つの魅力

音楽ファンのみならず同業からも熱いリスペクトを受けるレディオヘッドですが、それには訳があります。私が考えるレディオヘッドの魅力は以下の3つです。

  • 止まらない音楽的変化
  • 楽曲の高いクオリティ
  • ボーカル、トム・ヨークの世界観

止まらない音楽的変化

Radiohead – Daydreaming またしても今までとは違った方向性に進んだ新曲

上記のようにレディオヘッドは3rdアルバムの『OK Computer』で世界的な成功を収めました。

『 OK Computer』は綿密に練られたギターアンサンブルを軸にしたギターロック・アルバムで、多くのファンから高く評価されました。

しかし次作の4thアルバム『Kid A』で、レディオヘッドは大きく音楽性を転換しました。

ギターロックからエレクトロニカに音楽性を180度変えてしまったのです。

ファンの評価や売り上げよりも、常に自分達の理想の音楽を追い求める姿勢に、ファンは『次はどんな音を聴かせてくれるんだろう?』とワクワクします。

また同業のミュージシャンからは、その真摯な音楽に対する姿勢をリスペクトされます。

楽曲の高いクオリティ

Radiohead – Weird Fishes/Arpeggi (Scotch Mist Version) ギター3本による美しいアルペジオのアレンジ

レディオヘッドの楽曲は非常に綿密にアレンジされています。また使用される楽器もロックバンドの枠を超え多種多様なものです。

これらはバンドの音楽的中心人物である、ギターのジョニー・グリーンウッドによるところが大きいです。

ジョニーは幼少時よりチェロ、ビオラ、ピアノなど数々の楽器を習い、クラシック音楽を中心とした高い音楽的素養を身につけています。またレディオヘッド以外での活動で映画音楽を手がけたりもしています。

これらのことから彼は多種多様な楽器を演奏し、またバンド全体のアンサンブルのクオリティを上げ、音楽的幅を持たせるのに大きく貢献しています。

ボーカル、トム・ヨークの世界観

Radiohead – Lotus Flower 彼の特異性が際立つMV

レディオヘッドの曲はどれもとても暗く、破滅的な空気さえ漂います。また歌詞も「私なんか蛆虫だ。どうしようもない奴だ」というような自己嫌悪感の溢れるものが多いです。

これらはボーカルで歌詞も書いているトム・ヨークの世界観によるところが大きいです。

彼は生まれつき左目が麻痺しており、幼い子供の頃から度重なる手術を経験しました。

このことは彼自身の世界感を大きく周囲と異なるものにしました。

また彼の出身階級も彼の作風に影響しました。厳しい階級社会のイギリスにおいて、ロックは下流階級出身者が成り上がるための手段の一つであり、中流階級出身者のロックは「いいとこのお嬢ちゃん、お坊ちゃんの遊び」と揶揄されることがありました。

そしてトムは中流階級の出身。行き場のない彼の苦悩は、彼自身の作風に大きく影響しました。

以上のことから、彼は特異な存在となり、それがレディオヘッドのオリジナルティにもなっています。

 

まとめ

レディオヘッドの魅力を3つに絞って紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。レディオヘッドに感じる魅力は、ファンが100人いれば100通りあると思います。あなたの感じるレディオヘッドの魅力も、ぜひコメントで教えてください^^

次記事ではオススメのアルバムや曲を紹介します。お楽しみに。

 

 

【まとめ】レディオヘッド 9thアルバム『A Moon Shaped Pool』関連記事一覧

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

*