tcm blog

面白いをシェアするブログ

ネタバレ注意!『貞子vs伽椰子』を観た感想・評価・ストーリーなど

June 18, 2016
約 7 分
スポンサーリンク
貞子vs伽倻子

貞子 vs 伽椰子 出典:公式サイト

どうもtcmです。本日から公開の映画『貞子 vs 伽椰子』を早速見てきました!

このページでは『貞子 vs 伽椰子』を観た感想、評価、ストーリーなどを掲載しています。

ちなみにネタバレが多数ありますので、まだご覧でない方はお気をつけください。

評価

前半はそこそこ怖いです。特にトシオ君がいい仕事しています(笑)

でも後半になるにつれ怖くなくなるので、ちょっと中途半端な印象を受けました。

あと貞子と伽椰子の対決シーンは短いです。もうちょっと長めに見たかったなあ。

難しい題材だとは思いますが、もうちょっとやりようがあったような…。

私はホラー映画好きですが、正直見返したくなるくらい面白いとは思いませんでした。

でもヒロイン役の玉城ティナがとっても可愛かったので、個人的には満足です(笑)

 

以下ネタバレ含みます。

 

ストーリー

ストーリーは便宜上「貞子編」「伽椰子編」「対決編」の3つに分けて掲載します。

貞子編

女子大生の友里は友人の夏美に、両親の結婚式のビデオテープをDVDにダビングしたいと頼まれる。

リサイクルショップを訪れ中古のビデオデッキを購入するが、その中に偶然『呪いのビデオ』が入っており、夏美はビデオを見てしまう。

その直後夏美の元に不審な電話がかかってきたり、貞子の気配を感じたりするようになる。

以前二人は大学教授で呪いのビデオに詳しい森繁の講義を受けており、呪いのビデオを見ると2日後に死亡することを知っていたため、呪いを解くために森繁に相談する。

森繁は呪いを解く方法を探るため、DVDにダビングしながら呪いのビデオを観る。すると森繁の元にも不審な電話がかかってくる。

ビデオが本物と判断した森繁は、知り合いの霊能力者「ホウリュウ」に除霊を依頼する。

友里と森繁が見守るなか夏美の除霊が行われるが、貞子の邪魔をしたことにより貞子の怒りを買い、ホウリュウの部下が突如自身の首をへし折り死亡。またホウリュウ自身も貞子に操られる。

死の間際ホウリュウは除霊は失敗であり、他の霊能力者に改めて除霊してもらうように3人に伝える。

直後止めに入った森繁と激しいもみ合いの末、森繁に激しく頭を打ち付け、森繁とホウリュウは死亡する。

絶望した夏美は友里に「あんたのせいだからね!」と言い放つ。

友里は夏美の呪いを解くため、あえて夏美からビデオテープを受け取り呪いのビデオを観る。

そこへホウリュウが呼んだ霊能力者の常盤と、そのパートナーである珠緒がやってくる。

常盤は他人にビデオを観せても呪いは消えないことを伝えると、2人を友里の家へ送り届ける。

夏美は絶望し、友里がシャワーを浴びている際に、森繁のコピーした呪いのビデオのDVDの映像を、動画サイトにアップロードしてしまう。

その後夏美は自殺を図るが、貞子が現れて夏美は殺される。貞子の呪いの邪魔はできないのだ。

夏美の死亡後に現れた常盤は、貞子の呪いはネットワークのように連鎖しており、友里の呪いを解くことによって動画サイトを視聴した人々の呪いも解けるかもしれないという。

友里は呪いの連鎖を断ち切るために、呪いを解くことを決意する。

 

伽椰子編

女子高生の鈴花は両親の仕事の都合で引越しをするが、新居のすぐ側の廃墟の異様な雰囲気に恐怖を覚える。

鈴花は学校の同級生からその廃墟は足を踏み入れた人間が必ず死亡する、呪いの家であることを聞く。

ある日いじめられっ子の子供が、他の3人の子供に強要され呪いの家に入りトシオに遭遇する。

トシオに遭遇した子供は、呪いの家の中から他の子供らに石を投げつける。怒った子供らは呪いの家に入り込むが、それぞれトシオに殺される。

翌日子供4人が行方不明になったことを知った鈴花は、呪いの家の窓際に子供の姿を見る。

子供らが家の中にいるのではないかと思い、呪いの家に足を踏み入れた鈴花は呪いを受けてしまう。

また鈴花を追ってきた鈴花の両親は、トシオやカヤコに殺されてしまう。

そこへやってきた常盤は、鈴花と友里に言う。

「貞子の呪いと伽椰子の呪いをぶつければ、お互いに消滅して呪いは解けるかもしれない」

 

対決編

貞子の呪いを既に受けている友里は、呪いの家の呪いを受けるために。

呪いの家の呪いを既に受けている鈴花は、貞子の呪いを受けるために。

鈴花と友里は呪いの家にビデオデッキとテレビを持ち込み、呪いのビデオを再生する。

すると貞子と伽椰子が現れ、お互いに相手を攻撃し合う。

貞子は伽椰子に髪を巻きつけ、伽椰子は貞子を家の片隅に引きずり込むが、勝負がつかない。

常盤は2人に家の外に出るように指示し、呪いの家の裏にある井戸に移動する。

常盤は2人に「どちらかが貞子と伽椰子をおびき寄せこの井戸に入る。そこでこの井戸を封印すれば、もう片方は助かる」

戸惑う2人だが、友里は自らその役を引き受ける。

覚悟を決め井戸に飛び込んだ友里の前に、伽椰子と貞子が現れる。

友里をめぐって、伽椰子と貞子は激しくぶつかり合い2体は肉片となる。

呪いは解けたかに見えたが、肉片となった貞子と伽椰子は融合し、井戸の中の友里に襲いかかる。

融合した貞子と伽椰子が井戸に入ったことを確認した鈴花は井戸に蓋をする。

封印できたかに見えたが、直後中から蓋が突き破られ、融合した貞子と伽椰子が飛び出てくる。

貞子のような姿をしつつ、伽椰子のように体を異様にくねらせたそれは、鈴花の方に向かってくる。

恐怖と絶望に歪んだ鈴花の顔と叫び声で、画面は暗転する。

〜エンドロール〜

エンドロールが突如途切れ、呪いのビデオがスクリーンに映る。

扉の向こうから貞子が現れるが、伽椰子のように体を異様くねらせ、カメラに向かってゆっくり近づいてくる。

スクリーンいっぱいにそれの顔がアップになり、映画は終了する。

感想

なかなか怖いが…中途半端な印象も

映画の前半は、カメラが移動した瞬間にトシオや貞子が一瞬映ったり、役者の演技で「何か」の存在を観客に予感させたりと、一作目のリングのようなJホラーの正当な流れを踏んだ演出でなかなか怖かったです。

特に今回トシオ役の子役の演技が良かったと思います。口をレロレロレロとするところなんか、最高です(笑)

でも後半になるにつれ、貞子、トシオ、伽椰子が存在感ありありでバーンと出てきててパニックホラーものになるので、驚きはするけどあまり怖くはなかったです。

貞子と伽椰子が対決するという話の性質上、話の最初から最後までJホラーのような演出は難しいでしょう。

なので対決シーンがパニックホラーものになるのはしょうがないと思います。

だったら最初から最後までパニックホラーものにして娯楽映画化すればいいと思うんですが、この作品は前半は怖いJホラー、後半は驚きのパニックホラー物なので中途半端な印象を受けました。

貞子と伽椰子の対決シーンがもっと見たい!

今回の作品のタイトルは『貞子 vs 伽椰子』なので、貞子と伽椰子の対決シーンを期待していた観客も多い思います。私もその一人です。

ところが劇中で貞子と伽椰子が実際に対決しているシーンは5分となく、2人が対決するまでのお膳立てまでが話の大部分を占めています。

『貞子 vs 伽椰子』なんだから、2人の対決シーンが一瞬っておかしいでしょ!

個人的には2人の対決シーンをもっと増やして、娯楽映画化して欲しかったです。

貞子と伽椰子のビンタ合戦とか見てみたいですね(笑)

貞子と伽椰子が融合した件については、融合するという発想はなかったので面白かったです。サダカヤコとでも命名しようか(笑)

まとめ

  • 貞子と伽椰子の対決は決着がつかず、結局2体は融合。
  • 主要な登場人物は(劇中では明示されないが)全員死亡。
  • 前半は怖いけど後半は怖くない。
  • 玉城ティナが可愛い

玉城ティナが好きな方には、オススメです!

スポンサーリンク

コメント & トラックバック

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 映画と書籍を両方観たものです。面白かったですよね。あまり怖くはありませんでしたが

    書籍と映画はまったく違う物なんですが(貞子VS伽椰子する以外)
    書籍だと、都市伝説は混ざりあい、伝わっていくっていう描写がありましたので、納得は出来ました。が、映画の合体は唐突でしたよね(笑)

  2. さんらびさん、コメントありがとうございます。

    いやいや、本当に唐突でびっくりしました。さんらびさんがブログで書かれているように友情合体ものでしたね(笑)
    小説は混ざり合い〜の描写があったんですね。映画もそれを森繁に言わせとけば良かったのかもしれませんね。

  3. 動画サイトに投稿した伏線は回収されませんでしたね。人類滅亡でしょうか。
    本当に戦うシーンが短かったですけど、表現のしようがないのかなと思って無理やり納得しておきました。個人的に貞子圧勝かな

  4. 『貞子vs伽椰子』
    バトルシーンが残念すぎる、なぜ肉弾戦しかないのか、呪いや超常的な異能の力で
    人を殺すのに
    例えば東京レイヴンズの大友陣vs芦屋道満のような戦闘シーンを見たかった
    あと霊能力者はなぜ神道と密教を混ぜて使っているんだ?
    退魔師のテンプレも守れないのか

  5. 匿名さん
    コメントありがとうございます!いやいや全くおっしゃる通り、伏線回収されませんでした。
    主人公が呪いを解くのを決心するきっかけにしかなりませんでしたね。
    ちなみに教授の言っていた「(呪いを解く)他の方法」も明かされませんでしたね。

    結果は私も貞子の圧勝かなと思います^^ラストのビデオも貞子ベースでしたし。

  6. 匿名さん
    コメントありがとうございます!
    いやはや、神道と密教の違いがお分かりになるとはお詳しい。
    私は全くわからないのでぽかーんと見てましたけど、リアリティはなかったですねえ。

    呪いや超常的な異能でのバトル、見てみたかったですね^^

コメントをどうぞ

*